トップページ
目次
1.はじめに
2.地震動予測地図作成条件
3.地下構造モデルの設定
 3.1 地下構造モデル設定の考え方と方針
  3.1.1 伝播経路モデル
  3.1.2 深部地盤構造モデル
  3.1.3 浅部地盤構造モデル
 3.2 対象地域の地質環境
 3.3 伝播経路モデル
 3.4 深部地盤構造モデル
  3.4.1 九州地方のブーゲー異常図
  3.4.2 既往文献の収集・整理
  3.4.3 速度層区分
  3.4.4 P波速度3.5 km/s層の扱い
  3.4.5 山地部の風化帯の設定
  3.4.6 深部地盤構造モデル
  3.4.7 観測波形を用いた深部地盤構造モデルの調整
 3.5 浅部地盤構造モデル
  3.5.1 国土数値情報を用いた表層地盤の増幅率評価
  3.5.2 ボーリングデータを利用した表層地盤のモデル化
4.断層モデルの設定
 4.1 断層モデル設定の考え方と方針
  4.1.1 巨視的断層パラメータ
  4.1.2 微視的断層パラメータ
  4.1.3 その他の断層パラメータ
 4.2 断層パラメータの設定
5.簡便法による強震動予測
 5.1 計算手法
 5.2 計算結果
6.詳細法による強震動予測
 6.1 計算手法
  6.1.1 計算手順
  6.1.2 計算手法
 6.2 計算結果
  6.2.1 ケース1の計算結果
  6.2.2 ケース2の計算結果
 6.3 表層地盤非線形解析
  6.3.1 一次元等価線形計算による強震動予測
  6.3.2 微地形区分に基づく増幅率との比較
7.1968年日向灘地震の観測記録との比較検討(ケース1Aの設定と計算)
 7.1 ケース1の詳細法計算結果とJMA宮崎地点の観測記録との比較
 7.2 統計的グリーン関数法による震源断層の検討
 7.3 ケース1およびケース1Aの計算結果と観測記録との比較
  7.3.1 気象官署の観測記録との比較
  7.3.2 細島観測点の観測記録との比較
  7.3.3 震度分布および距離減衰式との対応による比較
 7.4 詳細法によるケース1Aの計算結果
 7.5 詳細法による3つのケースの結果比較
8.代表地点における時刻歴波形
 8.1 時刻歴波形例示する代表地点
 8.2 ケース1Aの時刻歴波形
 8.3 ケース2の時刻歴波形
9.おわりに

参考文献
謝辞