トップページ
目次
1.はじめに
2.地震動予測地図作成条件
3.地下構造モデルの設定
 3.1 地下構造モデル設定の考え方と方針
  3.1.1 伝播経路モデル
  3.1.2 深部地盤構造モデル
  3.1.3 浅部地盤構造モデル
 3.2 対象地域の地質環境
 3.3 伝播経路モデル
 3.4 深部地盤構造モデル
  3.4.1 深部地盤構造モデル作成の手順
  3.4.2 文献の収集・整理
  3.4.3 地質構造モデルの作成
  3.4.4 速度層区分
  3.4.5 山地における基盤岩類の風化帯の設定
  3.4.6 物性値の設定
  3.4.7 3次元速度構造モデルの作成
 3.5 浅部地盤構造モデル
  3.5.1 国土数値情報を用いた表層地盤の増幅率評価の基本的な考え方
  3.5.2 増幅率評価に用いる国土数値情報および地質図
  3.5.3 表層地盤の増幅の評価
4.断層モデルの作成
 4.1 震源断層の推定
  4.1.1 起震断層の設定
  4.1.2 地震発生層の設定
 4.2 巨視的断層パラメータの設定
  4.2.1 断層の位置と走向の設定
  4.2.2 断層の傾斜角と長さ・幅の設定
  4.2.3 その他の巨視的パラメータの設定
 4.3 微視的断層パラメータの設定
  4.3.1 各アスペリティの位置と面積比の設定
  4.3.2 破壊開始点と破壊様式の設定
  4.3.3 その他の微視的パラメータの設定
 4.4 特性化震源モデル
5.簡便法による地震動評価
 5.1 計算条件と計算方法
 5.2 計算結果
  5.2.1 簡便法基準地盤での計算結果
  5.2.2 地表での計算結果
  5.2.3 詳細法による地震動計算領域の設定
6.詳細法による地震動評価
 6.1 計算条件と計算方法
  6.1.1 本検討に固有な条件設定
  6.1.2 滑り速度時間関数
  6.1.3 時刻歴例示地点
 6.2 詳細法工学的基盤で評価された地震動の時刻歴と周期特性
  6.2.1 地震動の時刻歴
  6.2.2 地震動の擬似速度応答スペクトル
  6.2.3 表面波理論分散曲線による表面波卓越周期の検討
  6.2.4 長周期地震動のスナップショットの検討
  6.2.5 長周期地震動の波形性状の検討
 6.3 詳細法工学的基盤で評価された地震動の速度最大値
  6.3.1 Case 1
  6.3.2 Case 2
 6.4 詳細法工学的基盤から地表に至る表層地盤の速度増幅率
 6.5 地表で評価された地震動の速度最大値と計測震度
  6.5.1 地震動の速度最大値
  6.5.2 計測震度
7.計算結果の比較と考察
 7.1 詳細法による評価結果と簡便法の距離減衰式との比較
  7.1.1 Case 1
  7.1.2 Case 2
 7.2 詳細法によるCase 1とCase 2の評価結果の比較
  7.2.1 詳細法工学的基盤での地震動速度最大値分布の比較
  7.2.2 地表での計測震度分布の比較
 7.3 擬似速度応答スペクトルの地図への応用の試み
  7.3.1 Case 1
  7.3.2 Case 2
 7.4 結果の考察
8.おわりに

付録A.簡便法計算手法
付録B.詳細法計算手法

参考文献
謝辞