トップページ
目次
1.はじめに
2.地震動予測地図作成の概略
 2.1 想定する震源断層
 2.2 強震動評価の流れ
3.地下構造モデルの設定
 3.1 地下構造モデル設定の考え方と方針
 3.2 対象地域の地質環境
 3.3 伝播経路モデル
 3.4 深部地盤構造モデル
 3.5 浅部地盤構造モデル
  3.5.1 国土数値情報を用いた表層地盤の増幅率評価の基本的な考え方
  3.5.2 増幅率評価に用いる国土数値情報および地質図
  3.5.3 表層地盤の増幅の評価
  3.5.4 <参考> 松岡・翠川 (1994)による表層地盤の増幅の評価
4.震源モデルの作成
 4.1 高山・大原断層帯の概要
 4.2 断層モデルの作成
  4.2.1 断層パラメータの設定
  4.2.2 巨視的震源特性の設定
  4.2.3 微視的震源特性の設定
  4.2.4 その他の震源特性
 4.3 詳細な計算に用いる震源モデル
5.計算に用いた地震動予測手法とパラメータ
 5.1 簡便法
 5.2 詳細法(ハイブリッド合成法)について
  5.2.1 三次元有限差分法
  5.2.2 統計的グリーン関数法
  5.2.3 ハイブリッド合成法
6.計算結果
 6.1 簡便法による強震動予測結果
 6.2 「有限差分法」による強震動予測結果
 6.3 「詳細法」(ハイブリッド合成法)による強震動予測結果
  6.3.1 計算手順
  6.3.2 詳細法における強震動予測結果
  6.3.3 「詳細法」による強震動予測結果と距離減衰式との比較による検証
7.問題点と今後の課題
 7.1 問題点
 7.2 今後の課題

参考文献
謝辞